ダンボール製作事例

緩衝材 ダンネット 

ダンボールで包んで、ダンボール箱に入れる

※写真をクリックすると拡大画像がでます。

緩衝材 ダンネット

▼詳細
ダンボールのシートを特殊な機械で網目状に加工し、緩衝材に
したものです。ご家庭などにも随分普及したシュレッダーの
大型・強力版にダンボールを入れて作るというイメージでしょうか。
ダンボールですから製品を守ることにも優れており、ある程度の
重さもあります。当社のお客様の事例ですが、風の強いところで
製品の入った箱を開封し、軽い緩衝材や梱包用の紙・新聞紙などの
を緩衝材として使うと、飛ばされることがあります。片付けるのが
大変だったりどこかに飛んでいったりするので、何とかしてほしい
ということがあって、ダンネットをお使いいただいています。
ちなみにこちらのお客様は船舶用の部品を製造されています。
緩衝材が風に飛ばされ、海に落ちてしまうことがよくあったようです。