Type

タイプ別紹介

みかん箱タイプ(A式)

p1
p2
p3
ポイント

最も一般的なダンボール箱です。コストパフォーマンスに優れた形状です。

ふた面と底面をテープなどで封をするために再封性が劣ります。

みかん箱オーバーフラップ(A式)

p1 (1)
p2 (1)
p3 (1)
p4
p5
ポイント

奥行のサイズが小さい箱の場合などは、通常観音開きとなるふたの部分を重ね合わせるようにします。

内容物が重い場合なども強度を持たせるためにこの形状にします。 ふた面と底面をテープなどで封をするために再封性が劣ります。

ヤッコ型タイプ(タトウ式)

p1
p2
ポイント

主に高さが低いもの(書籍やCD・DVDなど)をヤッコさん型のダンボールに包み込むように梱包します。風呂敷で包み込むイメージです。

ふた面をテープなどで封をするために再封性が劣ります。内容物の保護と強度を優先する際はおすすめできません。

かぎ付ヤッコ型タイプ

p1 (1)
p2 (1)
p3
p4
p5
ポイント

特徴は「ヤッコ型タイプ(タトウ式)」と同じですが、箱の4隅に隙間がなくなり梱包時に箱としての形状を保つことが出来るので、梱包作業がやり易くなります。

簡易B式タイプ

p1
p2
p3
ポイント

2枚の板ダンボールを組み合わせて本体とふた・底になる部分を構成しますワイヤーによる接着(ホチキス止め)になります。

奥行のサイズが小さい箱などにも対応できます。

C式お弁当箱タイプ

p1 (1)
p2 (1)
p3 (1)
ポイント

お弁当箱の様に、ふたと本体が別々になるタイプの箱です。(基本的にワイヤーによる接着:ホチキス止めになります。)

サイズによっては箱を組み立てた状態で配送することが出来ず、展開した状態(半製品のまま)でお届けすることがあります。(組立・接着はお客様で)

筒型タイプ

p1
p2
p3
p4
ポイント

細くて長いものを梱包する時に使われる箱の形状です。品物を丸め込むように梱包しサイドの部分と織り込んだ部分をテープなどで封をします。

パイプ・ポスター・ビン・ブラインドなどを梱包するのに使われる形状です。

パットタイプ

p1
p2
p3
ポイント

箱の上下に入れたり、箱の商品を仕切ったりする時に使います。また袋で出荷する際に折れ曲がり防止用の緩衝材として使います。

ダンボールをご希望のサイズにカットしただけの形状です。

N式ふた差込

p1 (1)
p2 (1)
p3
p4
p5
ポイント

平板状でお届けします。組み立てて箱にします。底面が完全に平らで高さが低く薄いものを梱包するのに適しています。ふたは差し込んで封をするため、再封性に優れ、テープなどの使用量を減らすことが出来ます。

4隅がふさがり、1面はダンボールが折り返されているためヤッコ型よりも強度が上がります。抜き型が必要になります。 ふたの差込部が箱の内側に入る為内容物を傷付ける可能性があります。

N式サイド差込

p1
p2
p3
p4
p4
p5
ポイント

平板状でお届けします。組み立てて箱にします。底面が完全に平らで高さが低く薄いものを梱包するのに適しています。ふたはサイドに差し込んで封をするため、再封性に優れ、テープなどの使用量を減らすことが出来ます。

4隅がふさがり、2面はダンボールが折り返されているためヤッコ型・N式ふた差込よりも強度が上がります。抜き型が必要になります。

内ふたの差込部が箱の内側に入る為内容物を傷付ける可能性がありますが外して製作することも可能です。

ふた差込底組式(地獄底・アメリカンロック底組)

p1
p2
p3
p4
p5
ポイント

底面を組み込んで作ることにより、テープで封をする必要がありません。ふたは差し込んで使います。

差し込んで封をするために再封性があり、テープの使用量を減らすことが出来ます。箱の形状に出来上がっていますのでN式に比べて組み立てが楽です。

底面を組み込むため底面が凸凹になります。

抜き型が必要になります。お見積り・お問い合わせはこちら

ふた底差込式(キャラメル箱形式)

p1
p2
p3
p4
ポイント

ふたと底を差し込んで封をするため再封性があり、テープなどの使用量を減らすことができます。

箱の形状に出来上がっていますのでN式に比べて組み立てが楽です。底組式にした形状より使用する紙が大きくなり若干コストが高くなります。抜き型が必要になります。

ふた差込底下風車式

p1 (1)
p2 (1)
p3 (1)
p4 (1)
ポイント

底面を組み込んで作ることにより、テープで封をする必要がありません。ふたは差し込んで使います。差し込んで封をするために再封性があり、テープの使用量を減らすことが出来ます。箱の形状に出来上がっていますのでN式に比べて組み立てが楽です。

底面の4枚が同じ形状であるため組み立て順序が順不同となり、作業性がよい。底面を組み込むため底面が凸凹になります。底面が正方形である必要があります。抜き型が必要になります。

ワンタッチ底組式

p1
p2
p3
p4
ポイント

底面が2箇所糊付けされており、組み立てがとても楽な箱です。テープで封をする必要がありません。

ふたの形状はみかん箱タイプ・差込タイプなどにも対応できます。抜き型が必要になります。

ふた差込底仕切

p1
p2
p3
p4
p5
ポイント

底面を組み込んで作ることにより、テープで封をする必要がありません。ふたは差し込んで使います。

差し込んで封をするために再封性があり、テープの使用量を減らすことが出来ます。箱の形状に出来上がっていますのでN式に比べて組み立てが楽です。

底部分で仕切りを構成するため、仕切りを別途用意する必要がありません。仕切りは6区画にしか仕切れません。抜き型が必要になります。

半A式タイプ

p1 (1)
p2 (1)
20090321164930_img2_4
p3 (1)
p4 (1)
ポイント

みかん箱タイプのふた上面を切り取った形状の箱です。底面はテープで止めていた封をしていただきます。

スリーブ

p1 (2)
p2 (2)
p3 (2)
ポイント

板ダンボールに折り目を付けてトンネル状にしたものです。商品を保護するためのケースとしても使用しますが、箱の中に隙間が出来てしまった場合にそれを埋めるためにも使用できます。

抜き型を使用せずにも作れます。